【収支報告あり】公務員でもネット1つで8桁稼いだビジネスモデル

高金利通貨はどこまで下がる?コロナショック後の運用設定見直しで利益を狙おう!

がおがおくん

コロナ情勢で高金利通貨が軒並み暴落しているけど、このままスワップ投資を続けても大丈夫かな?
一時的だとは思うけど、スワップもだいぶ下がってきてるよね。ちょっとシミュレーションしてみようか!

にしっち

どうも、にしっちです。

コロナショックで新興国通貨が急落してる今、長期的な投資をしている人にとっては含み損が増えて不安な日々を過ごしていると思います。

もちろん僕もその一人。

5年~10年スパンでの長期スワップ投資を主軸としているので、含み損が増えて大変なことになっています。

でも、暴落時でも耐えられる資金管理を徹底しているので、ロスカットラインまではまだまだ余裕があります(^^♪

最近LINE@で、「このままスワップ投資を続けていても大丈夫ですか?」というご質問をいただくことが多くなってきたので、今回高金利通貨(メキシコペソ、トルコリラ、南アフリカランド)で運用シミュレーションしてみました。

コロナショックで今後の運用継続に不安を抱いている方、これからスワップ投資を始めようと思う方、是非ご覧ください。

この記事でわかること
  • コロナショック後の高金利通貨スワップ投資は続けるべきか、辞めるべきか
  • これからスワップ投資を始める人にオススメの通貨と、運用設定

 

高金利通貨の政策金利

スワップは2通貨間の金利差によって生じるため、各国の政策金利の違いがスワップに影響してきます。

例えば、米ドル/円で買い取引をする場合、政策金利は米ドルが0.25%で日本は-0.1%です。(2020年4月30日現在)

低金利の日本円を売って高金利の米ドルを買うと、0.15%の金利差が生まれます。

政策金利(20200413)

(引用:みんなのFX

この金利差にスワップポイントが付くので、スワップ投資と政策金利は切っても切り離せない関係となります。

それでは、高金利通貨の代表格である、トルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランドの現在の政策金利を見てみましょう。

通貨 政策金利 日本との金利差
トルコリラ 8.75% 8.65%
メキシコペソ 6.50% 6.4%
南アフリカランド 5.25% 5.15%

(2020年4月22日現在)

日本の政策金利は-0.1%なので、低金利の円を売って高金利通貨を買うと、金利差は表の右側の%となります。

 

スワップポイントの計算

 

電卓

先ほど算出した金利差から、概ねのスワップポイントを計算することができます。

スワップポイントは、次の計算式で算出できます。

スワップポイントの計算式
  • 為替レート × 保有枚数 × 金利差 = 1年間で得られるスワップポイント
  • 1年間で得られるスワップポイント ÷ 365 = 1日で得られるスワップポイント

 

この数式を基に、1万通貨保有した場合の1日あたりのスワップポイントを算出してみましょう。

現在の為替レートは、

  • トルコリラ・・・15.3円
  • メキシコペソ・・・4.48円
  • 南アフリカランド・・・5.86円

とします。

まずは、トルコリラです。

トルコリラのスワップポイント

15.3 × 10,000 × 8.65% = 13,235円

13,235円 ÷ 365 = 36.3円

続いて、メキシコペソです。

メキシコペソのスワップポイント

4.48 × 10,000 × 6.4% = 2,867円

2,867円 ÷ 365 = 7.9円

最後に、南アフリカランドです。

南アフリカランドのスワップポイント

5.86 × 10,000 × 5.15% = 3,018円

3,018円 ÷ 365 = 8.3円

(最小単位以下は、四捨五入して計算。)

 

各通貨ごとの1万通貨当たりのスワップポイント等を一覧にしてみます。

トルコリラ メキシコペソ 南アフリカランド
スワップポイント(計算上) 36.3円 7.9円 8.3円
必要証拠金 6,120円 1,792円 2,344円
10万円で保有できる枚数 16.3万通貨 55.8万通貨 42.7万通貨
実際のスワップポイント(4月4週目時点) 20円 8円 10円

計算上、トルコリラの政策金利だと1万通貨あたり36.3円のスワップポイントが付与されるところ、実際はスワップポイント最高値のFX会社でも20円となっています。

これは、トルコリラの為替変動が激しく、スワップポイントが安定していないためと考えられます。

コロナショックが落ち着いて、為替レートが安定してくれば、計算上の数値(36.3円)付近まで戻ってくれるでしょう。

 

高金利通貨の最安値と下落率

下落

コロナショックで各通貨とも史上最安値を更新しています。

情勢次第では今後も更に下に割り込むこともあり得ますが、とりあえず現時点での最安値と、コロナショック前後を比較して下落率を比べてみましょう。

tryコロナショック前後

こちらのチャートは、トルコリラ円の日足です。

コロナショック前は概ね18円ほどで推移していましたが、4月29日に15.224円の史上最安値を付けて、未だ下落トレンドから脱していません。

コロナショック前後を比較すると、下落率は概ね15%です。

 

続いて、メキシコペソを見てみましょう。

MXNコロナショック前後

コロナショック前は概ね5.8円付近でしたが、4月6日に4.22円の史上最安値を付けて、そこから横ばいに推移しています。

コロナショック前後を比較すると、下落率は概ね28%です。

 

続いて、南アフリカランドです。

ZARコロナショック前後

 

4月24日に5.599円の史上最安値を付けて、現在も下落トレンドからは脱していません。

コロナショック前は、概ね7.2円程度だったので、下落率は約23%になります。

 

リーマンショック後の下落率

crisis

 

2008年のリーマンショック時にも、コロナショックと同様に為替レートが急落しています。

この時の下落率を見ると、

  • トルコリラ:91.8円 ⇒ 52.6円(下落率約43%
  • メキシコペソ:10.56円 ⇒ 6.53円(下落率約38%
  • 南アフリカランド:14.12円 ⇒ 7.77円(下落率約45%

となっています。

コロナショックを体感している今だからこそよくわかりますが、リーマンショック時は身震いするほど下落していますね(;´Д`)

 

高金利通貨のロスカットライン設定を見直そう!

設定

さて、ここからが本番です!

すでにスワップ運用をしている人。

このままスワップ投資を続けていいのか、それとも損切りした方がいいのか。

 

これから投資を始めようと思っている人。

スワップ運用は稼げるのか。

 

これらの答えは、ロスカットラインの設定にあります。

そのあたりを解説していきますね。

 

設定の見直しは必須!!

まず、すでにスワップ運用をしている人。

設定は一度決めたら終わりにしていませんか?

運用開始時に決めたロスカットラインを維持しならが運用するのも大事ですが、それよりも設定をその都度見直すということも大事ですよ!!!

がおがおくん

運用開始時に決めたロスカットラインをひたすら守り続けて運用すればいいんじゃないの?
それも大事だけど、大きな為替変動があった時はロスカットラインを見直しておく必要があるよ。このままでも大丈夫って言える自信ある?

にしっち

がおがおくん

なんとなく大丈夫だと思ってたけど、なんだか不安になってきた・・・
大切な資金なんだから、無駄にしないようにしっかりと計算して運用していこうね!

にしっち

コロナショックのように大きな変動があった時には尚更です。

ロスカットラインを下に下げた方がいいのか、それともそのまま運用し続けても大丈夫なのかは、一番大事なところ。

ロスカットラインを下に下げるには、毎月の積立金だけ入金して通貨を買わないようにするとか、為替差損とスワップを相殺して利益が出ているポジションだけ売る等の対策が必要です。

シミュレーターなどを使って、自身で判断していきましょう!

 

通貨ごとの運用設定案

じゃあロスカットラインを見直そう!

と思っても、日々史上最安値を更新しようと下落し続けている高金利通貨のロスカットラインをどこに設定すればいいか判断するのは難しいですよね。

なので、ここはひとまずリーマンショックの時を参考にロスカットラインを設定してみましょう。

トルコリラのロスカットライン設定

リーマンショック時、トルコリラの下落率は約43%でした。

これを現在のレートに置き換えてみましょう。

コロナショック前のトルコリラのレートを約18円とすると、10.26円まで下落することになります。

10円ギリギリにロスカットラインを設定すると、一瞬でもスプレッドが拡大すると致命傷となるので、安全策を取って8円以下に設定した方が無難でしょう。

 

メキシコペソのロスカットライン設定

リーマンショック時、メキシコペソの下落率は約38%でした。

コロナショック前のメキシコペソのレートを約5.8円とすると、3.6円まで下落することになります。

やはりここでも安全策を取って、最低でも3.4円以下に設定した方が良さそうです。

 

南アフリカランドのロスカットライン設定

リーマンショック時、南アフリカランドの下落率は約45%でした。

コロナショック前の南アフリカランドのレートを約7.2円とすると、3.96円まで下落することになります。

やはりここでも安全策を取って、最低でも3.8円以下に設定すべきでしょう。

 

もし、これらのロスカットラインよりも上に設定して運用している人がいれば、ロスカットラインを下げて設定し直すか、それが無理なら損切りするという方法を取る方がいいかもしれません。

僕のブログを読んでスワップ運用を始めた人は、ロスカットラインはかなり下にあるはずなので、このまま運用していても問題ないと思いますよ(^^♪

がおがおくん

ロスカットラインを下げる余裕資金がないんだけど、損切りもしたくない・・・

そんな俺はどうすればいい??

これから上がるかもしれないと思うと、損切りする勇気ってなかなか出ないよね。

そんな時は、スワップ複利運用シミュレーターを使って自分なりに色々と計算してみよう!

全ポジション損切りしなくても一部のポジションを切るだけでも効果あるから、シミュレーターをいじって自分なりに納得する方法を見つけてみようね!

にしっち

 

では、ロスカットラインを再設定して、今後の運用シミュレーションをしていきましょう。

 

高金利通貨のスワップ複利運用シミュレーション

シミュレーション結果

コロナショックの影響で今後の為替レート推移が全く予測できないので、今回は為替レートが一定という条件の下、各通貨同じ条件でスワップを複利運用した場合の収益を見ていきたいと思います。

現実には為替レートが一定で推移するということはあり得ませんが、これから運用を始めようと考えている人は各通貨の差を見て参考にしてみてください(^^♪

シミュレーション条件

シミュレーション条件は、以下のとおりです。

  • 為替レートは、トルコリラ:15.3円、メキシコペソ:4.48円、南アフリカランド:5.86円で一定推移
  • スワップは、トルコリラ:30円(現行スワップと計算上スワップの中間値)、メキシコペソ:8円、南アフリカランド:9円で一定推移
  • ロスカットラインは、トルコリラ:8円、メキシコペソ:3.4円、南アフリカランド:3.8円に設定
  • 毎月3万円積立投資、スワップは再投資(複利運用)
  • 運用開始資金30万円

 

この条件でシミュレーションを行ったところ、各通貨の運用実績はこのようになりました。

運用開始から1年後

トルコリラ メキシコペソ 南アフリカランド
累計スワップ 65,520円 116,328円 69,012円
毎月のスワップ 7,740円 13,944円 8,100円

 

運用開始から3年後

トルコリラ メキシコペソ 南アフリカランド
累計スワップ 390,780円 743,112円 410,778円
毎月のスワップ 19,440円 39,120円 20,439円

運用開始から5年後

トルコリラ メキシコペソ 南アフリカランド
累計スワップ 1,041,930円 2,141,832円 1,096,767円
毎月のスワップ 34,830円 78,768円 36,801円

運用開始から10年後

トルコリラ メキシコペソ 南アフリカランド
累計スワップ 4,843,980円 12,578,952円 5,141,475円
毎月のスワップ 97,920円 307,632円 104,787円

 

がおがおくん

メキシコペソの圧勝だね~!
今回は為替レートとスワップが一定という状況下でのシミュレーションだから、含み損などが考慮されていないから注意してね。

でも、資金効率的にはメキシコペソで運用するのが良さそうだね!

にしっち

今後の高金利通貨のスワップ変動や為替変動によって、シミュレーション結果は日々変わっていくので、定期的に運用を見直していきましょう。

 

スワップ運用でも日々の見直しは大切!

にしっち

これから、大切なことを言うからよく聞いておいてね!!

今、スワップ運用をしている人は、運用開始前にロスカットラインの設定や、毎月の買い増しルール等を決めていたと思います。

そのルールを守りながら、継続して運用していくことは、複利運用にはとても大切なことです。

でも、為替相場は生き物。

常に状況は変化していきます。

今回のコロナショックも、こんな状況になることを予測していた人は皆無でしょう。

そして、状況が変われば、当然運用の見直しが必要となります。

それを怠ると、効率的な運用ができなかったり、最悪の場合ロスカットとなって大切な資金が飛んでいきます。

 

そうならないように、

  • 相場が大きく動く都度、どの通貨で運用するのが一番効率がいいのか
  • 今運用している通貨を損切りして他の通貨に乗り換えた場合、どのくらいの期間で損失がプラスに変わるのか
  • ロスカットラインは何を根拠にどの位置に設定するのか
  • 複数の通貨を同時に運用した場合と、一点集中で運用する場合の予想利益はどの程度変わるのか

などを常に考えながら、最も効率的な運用をしていきましょう!

 

ちなみに僕は、トルコリラをホールドしながら、セントラル短資FXでメキシコペソの複利運用を始めています。

コロナの影響や原油価格の推移によってはまだまだ下落するかもしれませんが、これからに期待して全力で買い増ししました(^-^;

 

スワップ複利運用シミュレーターを使えば簡単に運用シミュレーションできるので、ぜひ活用して見てくださいね(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です