>>>攻めと守りを掛け合わせた「攻守複利運用」始動!!

月1万円から始めるトルコリラスワップ投資 | スワップ金利と為替レート下落シミュレーション

月1万円から始めるトルコリラスワップ投資シミュレーション

こんにちは!にしっちです。

脱公務員を目標に、スワップで月100万円の不労所得を目指しています(^^♪

FXスワップで不労所得を得るには、あらかじめ戦略を立てておくことが大切です。

戦略を立てるには、あらかじめこんなことを決めておく必要があります。

  • 目標金額又は運用期間
  • 取れるリスク
  • 通貨種別
  • 強制ロスカットラインの設定
  • 毎月の運用可能資金
  • 将来の為替変動予測
  • 将来のスワップ金利予測
  • 運用方法 等

色々と考えなくてはいけないですね。

人それぞれ、取れるリスクや運用可能な資金は異なってきますし、将来における為替変動もどうなるかわかりません。

じゃあ、具体的にはどうすればいいのか?

過去データ等を活用しながら様々な条件下でシミュレーションを行い、その条件下なら僕ならこうやって運用するだろうなーという戦略をご紹介します。

本記事でわかること
月1万円の運用資金から、FXでトルコリラ(TRY/JPY)スワップ不労所得を作る場合の戦略。

【こんな人におすすめ!】

  • 低予算から始めたい人
  • リスクを低く抑えたい人
  • 最悪の状況を考慮しておきたい慎重な人

がおがおくん

今回のシミュレーションは、かなり最悪なパターンを想定して行ってみたよ!

では、いってみましょう!

 

今回のシミュレーション設定

今回は、運用資金もあまりない、為替レートとスワップ金利は右肩下がりで良いとこなし、という最悪を想定してFXスワップで不労所得を作る場合の戦略を立てていきます。

今回のシミュレーション設定
  • 投資可能資金・・・・・・月1万円
  • 運用通貨・・・・・・・・トルコリラ(TRY/JPY)
  • 運用期間・・・・・・・・10年
  • 将来の為替変動予測・・・22円~11円を右肩下がりで推移。
  • 将来のスワップ金利・・・100円~50円を右肩下がりで推移

がおがおくん

為替レートも、スワップ金利も50%下落する最悪なパターンだね・・・

グラフで表すと、こんな感じです。

トルコリラ平均価格 スワップポイント平均価格(1万通貨あたり/日)
2019年 ¥22 ¥100
2020年 ¥20.8 ¥95
2021年 ¥19.6 ¥89
2022年 ¥18.3 ¥84
2023年 ¥17.1 ¥78
2024年 ¥15.9 ¥73
 2025年 ¥14.7 ¥67
 2026年 ¥13.5 ¥62
2027年 ¥12.2 ¥55
2028年 ¥11 ¥50

かなり状況が悪化した場合のシミュレーションです。

直感的には、トルコリラが50%下落も下落すると、スワップの利益よりも為替損益が上回り、マイナス収支になりそうな気がしますね(;^ω^)

実際はどうなのか、シミュレーションしていきましょう!

 

にしっちの運用戦略

“この条件下なら、にしっちならこうやって運用するよ!“っていう戦略をご紹介します。

強制ロスカットラインはリスク許容度に合わせて設定

FXで重要なのは、強制ロスカットラインの設定です。

現在(2018年11月23日)のトルコリラ(TRY/JPY)の為替レートは、約21.3円

今回のシミュレーション条件は、今後10年間で22円~11円まで右肩下がりで推移でしたね。

つまり、将来10年間に渡って現在レートから50%下落する想定となっています。

リターンはそれほど高くなくていいけど、その分リスクは低く抑えたいという場合、強制ロスカットラインは低く設定するに越したことはありません。

でも、低く設定すればするほどリターンは少なくなるので、そのあたりのバランスがなかなか難しいところ。

なので、強制ロスカットラインの決め方としては、「さすがにここまでは下落しないだろう」と思う価格のちょっと下に設定するのが決めやすいのかなと思います。

もし、「トルコリラは、今後10年で11円を割り込むことはないだろう」と判断したならば、強制ロスカットラインを10円に設定するような感じです。

今回は、シミュレーション条件で11円まで下がるとして仮定しているので、強制ロスカットラインはその下の10円に置いてシミュレーションしていきます。

 

にしっちの購入方法

あとは、毎月1万円投資して、2ステップでトルコリラを買い増していくだけです。

【ステップ1】毎月の投資資金でトルコリラを購入する

買う枚数は、強制ロスカットレベル考慮した枚数にします。

トルコリラの購入枚数はどうやって決めるの?

 

トルコリラが15の時に1万円の追加資金で購入できる枚数は何枚でしょう?

 

今回のシミュレーションでは、強制ロスカットラインを「10円」に設定しています。

トルコリラが15円の時、強制ロスカットラインまでの価格差は「5円」ですね。

トルコリラが5円下落して、強制ロスカットライン手前まで達したと仮定して、

  • 1,000通貨保有していた場合・・・5円 × 1,000通貨 = 5,000円の含み損
  • 2,000通貨保有していた場合・・・5円 × 2,000通貨 = 10,000円の含み損

となります。

トルコリラが15円の時に1,000通貨購入するために必要な資金は、レバレッジ25倍を効かせた場合、

15(円)× 1,000(通貨) ÷ 25 = 600円

ですね。

追加資金が1万円の場合、「下落による含み損」と「購入必要資金」の合計が1万円以内で収まるようにしなければならないので、購入できる枚数は、1,000通貨となります。(最低取引単位が1,000通貨のFX会社が多いため、1,000通貨以下は切り捨て)

 

1,000通貨

このようにして購入できる枚数を計算し、着々と毎月買い増していきます。

ポイント
トルコリラが20円の場合、上の計算式に当てはめると、1万円で1,000通貨買えない計算となります。

そのような場合は、今月の投資資金1万円は来月に持ち越して翌月分の投資資金と合わせて購入するという形を取りましょう。

 

【ステップ2】前月分の累計スワップでトルコリラを購入

前月1ヵ月のスワップによる利益を、再投資に回します。

これがいわゆる「複利運用」というやつです。

買う枚数は、【ステップ1】の計算方法と同じです。

がおがおくん

複利運用は、利益を再投資する運用方法だぞ。
時間が経つにつれてFX口座の資産額がすごいことになるってよ

めえちゃん

複利運用の凄さは、シミュレーション結果で実感できると思います(^^♪

 

シミュレーション結果

では、シミュレーション結果の発表です!

10年後、こうなりました!

トルコリラ保有枚数 550.8万枚
月々スワップ(不労所得) ¥826,200
投資額合計 ¥1,200,000
総資産合計 ¥7,931,520
最終損益 ¥6,431,520

なんとっ!!!(´゚д゚`)

約83万円の不労所得達成!!

約640万円の利益達成!!

予想以上の結果となりました(^^♪

 

ちなみに、シミュレーション条件をちょっと変えるだけで、かなり結果が違ってきます。

もし、今回のシミュレーション条件が、「今後10年トルコリラが22円で推移する」だったら、10年後の結果はこうなります。

  • トルコリラ保有枚数・・・27.8万枚
  • 月々スワップ・・・¥42,117
  • 投資額合計・・・¥1,200,000
  • 総資産合計・・・¥3,580,640
  • 最終損益・・・¥2,380,640

最終損益は1/3になっていますが、月々スワップは1/20になっています。

トルコリラの価格が下がると為替損益がマイナスになることに不安を感じる人が多いですが、それよりも保有枚数が増えることの方が重要だということが良くわかります。

 

為替レート&スワップ金利下落時の毎月1万円トルコリラスワップ運用の評価
リターン
(4.0)
安全性
(3.5)
毎月スワップ
(4.0)
 
総合評価
(4.0)

にしっち

今回のシミュレーション条件なら、かなりいい成績が残せそうだね!

にしっちの評価は、結構いい感じ

リスク許容度によっては、ロスカットラインをもう少し下げてもいいかな~って感じかな

 

スワップの複利運用をする時は、FX業者選びが重要です!

選ぶポイントは3つ!

  • 1,000通貨単位以下から取引できること
  • スプレッドが狭いこと
  • スワップが高いこと

この3つは、欠かせません!

低予算で始めるなら、最低取引単位が小さい方がたくさん購入できます。

スワップが高くても最低取引単位が1万通貨からというところもあるので、そういった業者は選ばないようにしましょう。

スプレッドは狭いに越したことはありませんし、スワップが高いのは必須条件ですね。

にしっち

スワップが1円違うと、10年後には年間数十万円の差になってくるよ

にしっちのおすすめは、トレイダーズ証券【みんなのFX】

最低取引単位1,000通貨、狭いスプレッド、高スワップと、スワップ複利運用に必要な条件を全て満たしています(^^♪

 

最大50,000円

キャッシュバック

みんなのFX口座開設はこちら

 

今回は、トルコリラのレートとスワップ金利が現在価格から50%下落した場合のシミュレーションでしたが、トルコリラが3円になるという世界経済が崩壊しそうなシミュレーションも行っています。

こちらの方が、かなり衝撃的な損益結果になってます(^^♪

>>>トルコリラが史上最安値更新でも利益を生み出す運用戦略をシミュレーションしてみたらとんでもないことに!

 

他にも、目標金額に合わせたシミュレーションも行っています。

>>>【保存版】トルコリラのFXスワップ複利運用戦略。サラリーマンでも毎月100万円の不労所得は実現可能!

>>>FX初心者が月10万の不労所得を作る方法を解説。今の給料に満足していない30代サラリーマン必見!

 

通貨ペアごとの運用実績シミュレーションはこちら。

>>>【徹底比較】「月々3万円の貯蓄」vs「月々3万円の豪ドルスワップ複利運用」。10年後は91万円もの差に!!

 

にしっち

他にも「こんなシミュレーションしてくれ」って要望があれば、いつでもtwitterで連絡待ってるよ~

一緒に不労所得でセミリタイア目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です