>>>攻めと守りを掛け合わせた「攻守複利運用」始動!!

QuantXの株価予測。AIによる次世代型株式投資は高パフォーマンス!

フィンテック(FinTech)という言葉が、徐々に世間を賑わせてきていますね。

フィンテックとは、金融(Finance)とテクノロジー(Technology)を掛け合わせた造語で、これらを掛け合わせた革新的な動きを指します。

つい先日も、こんな記事が日経新聞から出ていました。

厚生労働省は、2019年にデジタルマネーで給与を支払えるように規制を見直す方針だそうです。

資金を手厚く保証することが条件となってますが、間違いなくそこには仮想通貨と同じくブロックチェーンの技術が使われることになるでしょう。

そして、政府が「脱・現金」を推し進めるようになれば、ますますフィンテックの分野の発展が期待できます。

今、仮想通貨のトレードをやっている方にとっては、とてもワクワクする話ですね(^^♪

株価予測はAIに任せよう

フィンテックという言葉が世間一般に知られるようになった今、もうすでに投資はアルゴリズムの時代に突入しています。

株式会社Smart Tradeは、AIによる株価予測アルゴリズムに基づいたトレードが誰でもできるようになる「QuantX[クオンテックス]」というサービスを展開しています。

僕もこの「QuantX」で、株トレード中です(^^♪

QuantXって何?

QuantX[クオンテックス]とは、アルゴリズムに沿って、株の売買タイミングをLINE等で教えてくれる次世代型の株式投資です。

使い方はとっても簡単の3ステップ!

アルゴリズムを購入して、LINE・メールでお知らせを受けて、手動で売買するだけ!

あの会社の業績が・・・株価チャートが・・・日経平均が・・・など、考える必要なし!!
すべてAIが代わりにやってくれます(^^♪

がおがおくん

それなら俺でもできそうだな
毎日情報をチェックする必要もないから、忙しいサラリーマンにとってはとっても助かるよね!

にしっち

アルゴリズムは、関連銘柄や投資戦略によって色々と種類があり、その中から自分の好きなものを選ぶことができるのも魅力の一つです。

自分に合った投資金額を選ぶこともできますし、直近1年のパフォーマンスも公開されてるので安心して始められますね。

アルゴリズムによっては、約1年で150%以上の累計損益を生み出しているものもあります。

これってめちゃくちゃ高パフォーマンスですよね!

さすが、AIを使った次世代株価予測アルゴリズムです。

アルゴリズムって何?

アルゴリズムを簡単に言うと、膨大な株銘柄の中で値上がり・値下がりする銘柄を予測するというものです。

数学には「問題」があって「解」がありますが、アルゴリズムはその「解」を膨大な情報から導き出してくれます。

テクノロジーの力を使えば、素人でもプロの投資家の手法を使って簡単に取引できるというわけです。

しかも、値上がりだけでなく、下落リスクまで予想できるということで、アルゴリズム通りに売買を行えば株価下落による致命的なダメージを軽減することが期待できます。

がおがおくん

株価が下がると手放すタイミングがわからなかったから、下落リスクが予想できるのはいいな
素人でもプロの投資家と対等に売買できるって強みだよね!

にしっち

日経平均株価が下落している期間でもQuantXは高いパフォーマンスを叩き出し、3ヵ月で+7.1%の収益を上げているアルゴリズムもあります。

また、1年を通してみると、日経平均が19.9%のプラスの時、QuantXのアルゴリズムは+101%といったシミュレーション結果も出ています。

アルゴリズムの言うがまま売買を繰り返すだけで、元金が1年で2倍になる計算です。

株価予測アルゴリズム、恐るべし(^^♪

アルゴリズムの選び方

QuantXでは、たくさんのアルゴリズムを開発・販売しています。

基本的には「累計損益」がプラスになっているものを選べばいいと思いますが、他にも選ぶ上でのポイントがあるので、しっかりと自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

資金量に見合ったアルゴリズムを選ぼう

アルゴリズムを選ぶ上で、自分の資金量に合ったものを選ぶというのはとても重要です。

アルゴリズムが毎日お知らせをくれるのはいいですが、資金が足りずに購入できないということになれば、シミュレーションどおりのパフォーマンスが期待できないので注意が必要です。

QuantXでは、初期投資100万円以下、100万円以上、200~500万円等の項目でフィルターを掛けてアルゴリズムを選ぶことができます。

最大ドローダウン率

ドローダウン率とは、資産の最大値からの一時的な資産の下落率のことを言います。

2~3日のスイングトレード~中長期トレードを狙った場合、最終的には利益が出るとしても、運用途中では損失が発生することも当然あります。

その運用期間の中で、最も資産が落ち込んだ割合のことを「最大ドローダウン率」と呼びます。

最大ドローダウン率は、株式トレードを行っていく上では非常に重要なバロメーターとなります。

一般的には、最大ドローダウン率が10%以内であれば優秀な戦略であると言え、30%を超えるものはその戦略に絶大な信頼がないと厳しいとされています。

最大ドローダウン率が30%ということは、100万円の元金で始めたトレードが、一時的に30万円目減りして70万円まで落ち込むということです。

こんな状態になったら、「このアルゴリズムのまま続けて大丈夫なの?」と自問自答が始まって、お知らせアラートに従って素直に売買を続けるなんて心理的に難しくなってくると思います。

このような状態で同じ戦略でトレードを続けていくというのは、戦略に絶大な信頼がないと続けられませんよね。

だから、いくら絶大な信頼があるといっても、最大ドローダウンが大きなものは心理的負担が大きくなるリスクがあるので、避けた方が無難です。

がおがおくん

おれなら損失が拡大したらアルゴリズムを違うのに変えてしまうかもな
それも一つの手だけど、そもそも損失は想定の範囲内で収めるようにしないとね!

にしっち

僕は、資産運用の中で最も重要なのは資金管理だと思っているので、いくら収益率がいいアルゴリズムでも、最大ドローダウン率が高いアルゴリズムは選択肢の中から外します。

QuantXでは、最大ドローダウン率が10%ほどで収益率が高いものがたくさんあるので、リスクとリターンを比較しながら選ぶといいと思います(^^♪

累積損益率

累積損益率は、アルゴリズムを選ぶ上で一番に気になる数値ですね。

基本的にはプラスで数値が大きいものを選べばいいと思いますが、ただ単に累積損益率だけを考慮して選ぶのは危険です。

これはあくまで、過去の株価チャートを元に再現した場合のシミュレーション結果に過ぎません。

この先数年、この累積損益率を維持できるとは限らないので、この数値はあくまで参考程度としながら、でも高いに越したことはないというぐらいの感覚でアルゴリズムを選ぶといいと思います。

アルゴリズムを購入したよ

僕は、[公式]ボラティリティ銘柄トレンド追求型という5,000円のアルゴリズムを買いました。

このアルゴリズムの特徴としては、

  • 最大ドローダウン率が10%ほどという低水準であること
  • 低予算(100万円以下)の運用が可能なこと
  • 最大損益率が150%を超えていること

という、すばらしいシミュレーション結果が出ています。

現在、QuantX[クオンテックス]では、アルゴリズムが無料で使えるトライアルキャンペーンを実施中です。

1/31(木)まで期間限定なので、気になる方は無料でもらっておきましょう~(^^♪

 

1/31まで

の期間限定

QuantXの登録はこちら

 

アルゴリズム購入後にやるべきことは1つのみ!

アルゴリズムを購入すると、お知らせ通知をメールで受けるか、それともLINEか、はたまた両方かを選ばなくてはいけません。

むしろ、それしかやることがないです。

えっ、これだけ!!??ってくらい簡単で、逆に戸惑いました(笑)

アルゴリズムって聞くと、何だか難しい作業とか、何かに紐づけしたり、IDとパスワード決めたりするのかな~とか勝手に思ってましたが、全くそんなことはありません。

単純に、アルゴリズムが発するお知らせ通知を受けるだけ!

その通知を何で受けますか?ってことだけ決めればいいんです。

この通知は、タイムラグなく受けるのが重要になります。

2~3日後にメールで確認しても、その時には「買い」シグナルから「売り」シグナルに変わっているかもしれませんからね。

僕は、メールと言えばいつもgmailを使っていますが、色々なメール通知で埋もれてしまうので、LINEに紐づけて登録しています。

紐づけるとかいうと難しく聞こえるかもしれませんが、LINEを登録する時に使用したIDとパスワードを入れるだけという手軽さです。

何から何まで簡単すぎです。素晴らしい!

がおがおくん

これなら俺にもできそうだな

あとは、通知が届くのを楽しみに待ちましょう。

アルゴリズムからのお知らせ通知は、こんな感じで届きます。

売り買いのアラートがない場合にも、1日1回、何かしらの通知が届きますよ(^^♪

 

QuantXのメリットは4つ!

QuantXのメリットは以下の5つです。

  1. 高いパフォーマンス
  2. 利益確定、損切りタイミングが明確
  3. 忙しい人でも売買できる
  4. 登録が簡単
  5. 費用が明確

高いパフォーマンス

僕の購入したアルゴリズムは、最大損益率が150%を超えています。

年利で換算すると、約50%! 驚異的な数値ですね。

ハイリターンの投資はハイリスクなものが多いんですが、QuantXは日本株のみを対象としているのでそんなにハイリスクなイメージもありません。

一日の最大下げ幅もストップ安までが限度なので、FXや仮想通貨に比べれば断然安心感があります。

利益確定、損切りタイミングが明確

株式売買には利確や損切りは不可欠ですが、そのどちらも初心者には非常に難しいです。

投資をやったことがない人はあまりピンとこないかもしれませんが、これって本当に難しくて、何回失敗してもなかなか上手くならないんです。

僕も、何度利確や損切りのタイミングを逃して損をしたかわかりません(泣)

がおがおくん

タイミングってほんと重要だよね
利確と損切のタイミングの判断って、プロの投資家でも難しいんだよね

にしっち

初心者が陥りやすいが、利益が出るとすぐに売り、含み損がでると神頼みしてプラスに転じるのを待つという状態。

人の心理は万国共通で、利益が出るとその利益を手放したくないという心理が働き、マイナスに転じる前に早く利益を確定してしまう。

逆に、含み損を抱えている時は、いつか上がるだろうと思ってなかなか損を確定したくないという心理が働き、損切りできないんだそうです。

損小利大でななく、損大利小という逆の状態ですね(^-^;

これだといつまで経ってもお金は増えていきませんし、含み損銘柄がどんどん増えていけば大切な資金が塩漬けになってしまいます。

これを避けることができるのが、このアルゴリズムによるお知らせに基づいた売買になります。

利益が出て売りたくなっても、「売り」のお知らせが届くまでじっくりと待つ。

そして、通知が届いたところで、自分がどう思おうと手仕舞いする。

損切りも同様ですね。

含み損を抱えている状態で、どんなにこれからプラスに転じると思っていても、お知らせ通知が来たら損切りを行う。

そうすることで、心情に左右されずにプロの投資家と同様の売買が可能になります。

忙しい人でも売買できる

世界一の投資家ウォーレン・バフェット氏は、「株式投資の極意とは、いい銘柄を見つけて、いいタイミングで買い、いい会社である限りそれを持ち続けること。これに尽きる。」と言っています。

これって、下調べにすごい時間を費やさないとできないことなんですよね。

特に、いい銘柄をどうやって見つけるかってすごい難しいと思います。

QuantXなら、売買すべき銘柄やタイミングが自動でLINEに送られてくるので、企業やチャートなどの下調べが全く必要ありません。

忙しいサラリーマンでも、数分で取引できちゃいます。

登録が簡単

会員登録はめちゃくちゃ簡単で、面倒な手続きや個人情報の提出も一切不要!

登録がめちゃくちゃ簡単で、数分で終了です(^^♪

もうすでに証券会社の口座を持っている人は、すぐにでも取引開始できちゃいます。

費用が明確

アルゴリズムは、2,000円~70,000円くらいまで数多くありますが、利用に係る費用はアルゴリズムを購入する代金のみ。

一度購入したアルゴリズムは、無期限で使用できます。

月会費は当面無料なので、必要な費用はアルゴリズム購入代金のみという明確なところがいいですね。

しかも、1/31(木)までなら、会員登録するだけでアルゴリズムが無料で貰えるので、費用は一切かかりません(^^♪

 

1/31まで

の期間限定

QuantXの登録はこちら

 

QuantXのデメリットは?

デメリットと感じるところは、次の2つくらいです。

  1. ある程度の初期資金が必要
  2. 自動売買ではない

ある程度の初期資金が必要

アルゴリズムによって必要資金はまちまちですが、だいたい100万円くらいの初期資金が必要になってきます。

でも、ちょっと工夫すればその10分の1の初期資金で始めることもできます。

がおがおくん

100万円なんてすぐに用意できないから、始められないな
大丈夫!もっと少ない金額で始める方法もあるんだよ

にしっち

アルゴリズムが示す必要資金量が運用できる金額よりも大きかった場合は、お知らせ通知は参考程度に留めてご自身の判断で見送る銘柄を決めるか、ミニ株(10分の1の値段で買うことができる株)を購入できる証券会社を使います。

そうすることで、アルゴリズム通りの損益率とはいきませんが、それに近いパフォーマンスを出すことができます。

自動売買ではない

QuantXは、あくまで売買銘柄とタイミングを教えてくれるのみで、自動売買は行いません。

シグナルによって売買するのは、手動で行います。

だから、通知を見逃したりすると売買タイミングを逃してしまうことになってしまいます。

自動売買だと常に資金を気にしてないと安心できないという方は、こっちの方が逆にメリットになるかもしれませんね。

僕も、Bitcoinの自動売買プログラムを稼働していますが、時々予想外の売買がされていてヒヤッとすることがあるので、むしろ売買を手動でやる方が安心できたりします。

評判は?運用実績は?

昨年10月下旬、2~3日で日経平均が急落し、約1,500円ほど値を下げた時がありました。

そんな中でQuantXはというと、

大きく値を下げる前に、しっかりと売りシグナルが出てたようです。

もしかすると、AIが株価急落を予想していたのかもしれません。

口コミでは、裁量で売買するよりもリターンが大きいという声が多いようです。

いくらAIが膨大な情報量から判断したとしても、投資に絶対はありません。

「マーケットの魔術師」という異名を持つ投資家マーク・シュワルツは、「最も重要なのは、資金管理資金管理資金管理成功した人は誰でも同じことを言うはずだ。」という名言を残しています。

多くの成功した投資家も、口をそろえて同じようなことを言っているので、しっかりと資金管理をした上で、まずは余剰資金から始めてみましょう。

QuantXは、忙しい会社員、公務員にはもってこいの投資手法です。

まずはアルゴリズムを無料でGETして、どんな通知が来るのか確認するだけでも面白いと思いますよ~!

にしっち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です